練馬交響楽団


練馬交響楽団とは?




練馬交響楽団

区が設立した公益財団法人練馬区文化振興協会のもと、区内のアマチュア演奏家による地域に密着した本格的なオーケストラとして昭和57年に結成されました。練馬文化センターをホームグラウンドとして、年2回の定期演奏会をはじめ、春の名曲コンサートや区内の老人ホーム等への訪問演奏など、さまざまな催しに参加しています。




入団資格は?

練馬区在住・在学・在勤(例外あり)の15歳以上(中学生を除く)の音楽愛好家で、オーケストラで演奏できる技術のある人(オーディション有り!)で、かつ毎週金曜日午後7時からの練習に参加できる方。




どんな人で構成されているの?

サラリーマンをはじめ、主婦・学生・学校の先生・商店のご主人と、10代から70代まで(越えてる人もいるかも?)の多彩な顔ぶれが、毎週金曜日、各々楽器を手に集まっては、指揮者の厳しいながらも熱意ある指導に身を引き締めつつ、練習に励んでいます。




練習日は?

原則として毎週金曜日午後7時から9時半までです。他に臨時練習として日曜日や土曜日に練習が入る場合もあります。本番の前日(たいてい土曜日)は必ずG.P.があります。


また、9月の連休には合宿を行い、アンサンブル技術の向上と団員の親睦(こっちがメイン?)を深めております。




どれくらいお金がかかる?

団費は年間で12,000円です。


他に演奏会のノルマとして、1回の演奏会につき数千円〜1万数千円が必要です。




入団したいんだけれど...

第1関門。まず、あなたが団員になる資格があるかどうかです。(「入団資格は?」を参照)


第2関門。あなたが演奏する楽器を募集するかどうかです。募集はパートに欠員がでれば、原則として年3回程度行います。詳細は区報・コンサートのパンフレット・そして本ホームページで掲載いたしますので、気長に待ってみてください。


そして最後の関門。オーディションがあります。楽器ごとに課題曲があり、それを審査員(各パートのパートリダー)の前で演奏していただきます。




どんな曲を演奏するの?

演奏会レビューを参照してください




年間の行事予定は?

その他随時、特別演奏会があったり、小編成での訪問演奏をしたりもしています。